未分類

マツエクが伸びると?抜けたら?ポイントオフやリペアで解決!

 

マツエクが伸びたり抜けたりとはどのようなことでしょうか?

まつげも体毛の一種です。

髪の毛と同じように伸びたり抜けてしまったりします。マツエクはまつげに着ける技術ですので自分のまつげが伸びるとマツエクも長くなり、まつげが抜けるとマツエクも抜けます。

 

そのような場合のアフターケアはどのように行えばいいでしょうか?

 

 マツエクが伸びるとだらしない?

 

マツエクが伸びるとだらしないとはどのような状態でしょうか?

マツエクはまつげ1本ずつに着けていきます。まつげは3ヶ月で生え変わるため、マツエクを着けてから数週間経つと伸びてきます。すべてのまつげが同じように揃って伸びればいいのですが、まつげ1本1本生え変わる周期が異なるためバラバラです。

そのようなことからだらしない印象をあたえるのかもしれません。

 

 

 マツエクが抜けたらだらしない?

 

マツエクが抜けるとはどのような状態でしょうか?

大きく分けると2通りあります。

ひとつめは、マツエクを着けていたまつげが抜ける状態、もうひとつはマツエクのみが取れてしまった状態です。

マツエクを着けてから2,3週間経つとこのような状態になってきます。

 

 マツエクのポイントオフとは?

 

ポイントオフとは、すべてオフすることではなく、部分的にオフすることを言います。

サロンでポイントオフをする場合は、マツエクが伸びすぎてしまっている、マツエクが横など向いて倒れてしまっている状態が多いです。

 

  まつ毛エクステのリペアとは? 

 

リペアでは、もともと修復すると言う意味があります。

マツエクは着けてから2,3週間経つとグルーが劣化します。

マツエクが抜けてきたり、着けた当初の綺麗な状態を維持できなくなってきます。

マツエクのリペアは、伸びすぎてしまっている、マツエクが横など向いて倒れてしまっているマツエクはオフし、前回つけたマツエクを残した状態で、元の状態に着けたすことを言います。

リペアは基本デザインは変えずにそのままの状態です。

 

 マツエクでずっとリペアしているとどうなるの? 

 

マツエクのリペアはずっとしていても大丈夫なのでしょうか?

マツエクのリペアは基本的には2,3回までが良いです。ずっとリペアを続けている状態では、まつげの根元にアイメイクなどの汚れがたまって不衛生な状態になりやすいです。

不衛生になるとものもらいなどの目の病気にもなりやすくなります。

よって2,3回に一度はすべてオフしてきれいな状態を保ちましょう!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。