まつ毛の美容液

マツエクを長持ちさせる美容液とコーティングの順番は??違いを理解してより長持ちに!

マツエクを長持ちさせる美容液とコーティングの順番は??違いを理解してより長持ちに!

 

この記事では、マツエクを長持ちさせる美容液とコーティングの違いや順番など分かりにくいところを説明していきます。違いを理解してよりマツエクを長持ちにしていただけるよう紹介していきます。

マツエクコーティング剤はなぜ使うべき?

マツエクコーティング剤はなぜ使うべき?

どこかで聞いたことはあっても実際使われている方は少ないと思います。
そこでコーティング剤を使うことでどのような良いことがあるかご紹介していきます。
美容液については別記事に書いてますのでそちらも参考にしてみてください。

マツエクの毛流れを綺麗に維持してくれる!

マツエクの毛流れを綺麗に維持してくれる!

マツエクをつけたては綺麗だけど数日すると毛先の方向がバラバラになったり、くるっと回ってしまうことがあると思います。
しかし、コーティング剤をつけることで毛流れを綺麗に維持できるのはもちろんメイク前につける時は特に入念に根元からグッと持ち上げながら付ける事でカール感もUPし、よりぱっちりした目元にしてくれます。

摩擦からエクステを守り持ちを良く!

摩擦からエクステを守り持ちを良く!

エクステが取れてしまう原因の一つに摩擦によりマツエクの根元が浮いてしまうことがあります。
普段マツエクを触っている気は無くても気づかないうちにまつげを触る癖がある方や寝ている間に寝具と擦れることで根元が浮いてしまいます。

そのような時にコーティング剤をつけている事でまつ毛とエクステの境目をコーティングして、外的なダメージからマツエクを守ってくれます。

水分や汚れからマツエクを守る!

水分や汚れからマツエクを守る!

一般的にはマツエクを付ける時はグルーと言うマツエク専用の糊で接着させていきます。
マツエクとまつげをしっかり密着させるために専用に作られている糊なので日常生活の水分や汚れには比較的強く作られています。
しかし、エクステ専用のグルーは油分に非常に弱く油分と混ざってしまうことでグルーが溶けてしまいエクステが取れやすくなってしまいます。
この油分は皮膚から出てくる皮脂や汗にも含まれており、スキンケアのクリームやファンデーションなどにも含まれているので完全に遮断することはほぼ不可能です。

また、水分には比較的強いとお伝えしましたが、少しずつでも水分を含んでしまうと、グルーが弱くなりそれもまた取れやすくなってしまいます。
そこでコーティング剤を付けることでで水分や油分を含む汚れからマツエクを守ることができます。

マツエク美容液とコーティング剤の違い、順番は?

マツエク美容液とコーティング剤の違い、順番は?

まつ毛の美容液とコーティング剤は似ていますが全く用途が違います。
それぞれの得意分野と効果的な使用順もご紹介していきます。

まつ毛美容液
マツエクや紫外線、日常生活でダメージを受けたまつ毛を保護、補修しまつ毛を健やかにする。
まつ毛自体のケア

コーティング剤
→マツエクをコーティングすることでダメージから守りばらつきを防ぎモチを良くするためのもの。
マツエクのケア

コーティング剤には美容液成分配合のものなどもあります。
ただし、美容液よりも美容成分はやや劣るかと思いますので、時短でケアをしたい方などにはそちらもオススメです。
二つとも形状や性質など色々とあるので使いやすいものを見つけて使ってみてくださいね。

美容液、コーティング剤のお手入れ手順は??

美容液、コーティング剤のお手入れ手順は??

お手入れ手順
1.洗顔で皮脂やスキンケア、メイク残りを綺麗に落としていきます。
2.水分をタオルで優しく拭き取り目元は軽くおさえるようします。
(もし時間がある時はドライヤーの冷風をエクステ専用ブラシでコーミングしながら30センチ程度離して当てるとしっかりと水分が取れ、持ちが良くなり美容成分がしっかり浸透できます)
3.皮膚が乾燥するといけないの化粧水を先につけた後にまつ毛美容液をつけます。
4.エクステ専用ブラシでコーミングしながらドライヤー冷風を30センチ程度離して乾かします。
5.美容液が乾いたらブラシでコーミングしコーティング剤を付けていきます。
(付け方:コーティング剤はブラシタイプやコームタイプなどマスカラと形状の似たものが多いですのでまつげの上からブラシをあて塗布し、次にマスカラを塗るように下から持ち上げてつけていきます。)
6.通常通りスキンケアをし、朝はメイクをして終了です。

朝のプラスワンアドバイス
コーティング剤を付けるときは根元からしっかり当て持ち上げるようにつけます。すぐに乾き始めると思うので、毛先を持ち上げたままキープしておくとパッチリとまつ毛を上げることができます!
コーティング剤には透明タイプとカラータイプがあるのでボリューム感をだしたい場合黒などもオススメです。

注意点
エクステ専用のブラシでコーミングする際に、毛流れを綺麗にするためコーミングは欠かせないのですが、何回もとかしすぎるとそれもモチを悪くする原因になるので適度に溶かすようにしてください。

マツエクを長持ちさせるための美容液とコーティング剤の違い☆

マツエクを長持ちさせるための美容液とコーティング剤の違い☆

今回は美容液とコーティング剤の重要性と正しい順番をご紹介しました。
それぞれの違いを理解することでマツエクをより長持ちさせられると思います。

コーティング剤をつけるメリット

・マツエクをダメージから守り、モチを良くしバラツキの防止になる!
・目元をパッチリとしてくれる!
・美容液との手順のポイントを押さえるだけでより効果的に使える!

コーティング剤や美容液にはたくさん種類がありますので、ぜひ自分にあったものを探してみてくださいね。
まつげ美容液とコーティング剤を一緒に使うことで今よりもっとマツエクライフを楽しんでいただけると思いますので、ぜひ参考にしてみてください☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。