マツエクの毛

マツエクの毛とは?質のランクは?素材についても詳しく特徴をご紹介!

 

マツエクの毛や素材、ランクってたくさんあって、どれがいいのか分からないですよね?

お店によっては毛質変更でプラス料金がかかるところもあります。

よく分からないのに高いお金を払いたくないですよね?(;’∀’)

 

今回の記事では、マツエクの毛やその質について、ランクや素材の特徴について詳しく紹介していきます。

もしマツエクの毛の質やランク・素材について興味がある場合は、ぜひ読み進めてくださいね☆

 

まつげエクステのデメリットは?付ける前にこの〇つを知ろう!
まつげエクステのデメリット!先に知っておくべき4つのこと! まつ毛エクステを付ける前には、カールの種類やサロンについてなどもはもちろん、まつげエクステのデメリットについても知っておく必要が...

 

 

マツエクの毛は?材料はどんな原料を使っているの?

 

まず、まつ毛エクステの原材料についてご説明していきますね♪

 

まつ毛エクステは人工毛で作られていて、さまざまな商品名がついています。

例えば、シルク・ミンク・セーブルなどが一般的な名前です。

通常すべて『PBT(ポリブチレンテレフタレート)』でできています。

 

この「商品名=素材」と勘違いされるケースが多々あるんですが、

あくまでもシルク・ミンク・セーブルというのは質感をわかりやすく表現するための商品名であるということに注意が必要です。

では、まつ毛エクステの原材料のPBTについて詳しく説明していきますね☆

 

ポリブチレンテレフタレート(PBT)

形状記憶に長けていて、確実に加工すると長期間変形しにくく、グルーの影響も受けにくい素材です。

 

PBTは、特殊な機械で一定時間加熱乾燥してカールをつけていて、最近ではマツエクに細菌が付きにくい銀イオンを配合した抗菌作用のある人工毛も作られています

これによって、衛生面でも安心して付けることができるようになりました。

使われている素材ではPBTが主流ですが、他にもごく稀に販売されている素材があります。

 

ポリエチレンテレフタレート(PET)

ポリエステルと表現されることの多い素材です。

「フレアタイプ」と呼ばれる複数本の毛束状人工毛に使われることが多いです。

 

塩化ビニール(PVC)

ヘアエクステンションやウィッグなどに多く使われますが、

比較的低温で変形しやすいのが特徴なのでまつ毛エクステには不向きといわれています。

 

獣毛(イタチ系の動物の毛・タンパク質)

「ミンク・キツネ・リス・イタチ」などが微量に使われていたことがあります。

毛によっては申し分ない艶と質感があるというメリットがありますが、

長さやカールがバラバラなので使用は難しく滅多にみかけない素材です。

 

eye先生
eye先生

「ポリエステル」「塩化ビニール」「獣毛」の素材は稀に見かけるので、
知っておいて損はないですよ^^

 

サロンの毛質の表記でシルク・ミンク・セーブルと書いてありますが原材料は同じPBTということを覚えておいてくださいね☆

 

マツエクの毛質ランクは?価格順に紹介!

マツエクの毛質ランクは?価格順に紹介!

 

エクステの毛質は派生していろいろな呼ばれ方をしていますが、

今回は一般的に呼ばれているシルク・ミンク・セーブルの3つを価格の安い順に紹介していきます^^

シルク

多くのサロンでほぼ100%ある毛質。

硬い毛質のため、根本が引っ掛かりやすくゴワゴワした付け心地の印象を受ける場合もあります。

しかし値段も一番安いので続けやすく、まつ毛エクステが初めてでも付けやすい毛質です。

光沢感があり、硬い分カールの持ちがよくボリューム感がでやすい毛質なので「付けてる感が欲しい!」という方にオススメです。

 

ミンク

シルクよりも柔らかい毛質で密着度が高いので、まつ毛に馴染みやすい特徴があります。

光沢感は少なく、「ナチュラルに仕上げたい!」という時にオススメです^^

自まつ毛への負担も少なく、マツエクが初めての方でも安心して付けられる毛質です。

シルクよりも柔らかいためカールの持続性は劣りますが、ゴワつきなく自然な仕上がりになりますよ。

 

セーブル

上質で最高級の毛質です。

自まつ毛に近い柔らかさで、柔軟性に長けているので持ちも良いですよ^^

軽いので付け心地も良く、光沢感もないのでマツエクをつけていることを忘れるくらい馴染みます。

 

しかしセーブルへ毛質変更するときにプラス料金が発生するというサロンが多いようですね。

「毛質にこだわりたい!」「ミンクでもごわつきが気になる・・」という場合にオススメです^^

 

 

 

 

 

 

 

マツエクの素材ランクは?

 

まつ毛エクステの原材料はほぼPBTですが、加工の仕方や工程によってそのランクが変わってきます。

シルク・ミンク・セーブルそれぞれメリット・デメリットはありますが、

素材の柔らかさや付け心地の面で考えてランクをつけると、以下のようになりますね。

  1. セーブル
  2. ミンク
  3. シルク

 

しかしメーカーによっては、シルクなのにミンクぐらい柔らかいものがあったり、ミンクなのにやや硬いなどバラつきはあります。

サロンによって使っているエクステも違うため、

さまざまな質感のエクステを試してみてあなたに合ったエクステを探すことをオススメしますよ☆

 

三月(みつき)
三月(みつき)

こちらのランクを参考に、自分に合ったものを見つけてみると良いんですね!

 

まとめ

 

今回は、マツエクの毛やその質について、ランクや素材の特徴について詳しく紹介させていただきました☆

 

毛質はこれからまつ毛エクステを始めるにあたって目元の印象を決める重要なものです。

あなたのニーズに応じて選ぶことができれば、普段の生活がとても楽しいものになりますね^^

 

要点まとめ

・目立たせたい!ボリューム感が欲しいなら「シルク」

・ゴワつきが気になる、自然に仕上げたいなら「ミンク」

・付け心地・持ちを良くしたい、自然に仕上げたいなら「セーブル」

 

・・・という様に照らし合わせて、毛質を選んでみてください♬

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。