マツエクの本数

マツエクの本数の比較!盛れるのやばれないくらいにするのはそれぞれ何本くらいなの?

マツエクの盛れる本数ってどのくらい?

 

目元がガラリと変わるまつ毛エクステですが、マツエクの本数によって印象の変化も異なってきます。

マツエクの本数も、シーン別や気分によって「盛れるものにしたい」「ばれないくらいにしたい」と変わってきますよね。

 

今回の記事では、マツエクの本数ごとの比較やバレない程度の本数について解説していきます。

もしマツエクの本数の比較をしたい、また盛れる本数やばれないくらいの本数について興味がある場合は、ぜひ読み進めてくださいね☆

 

まつ毛エクステのビフォーアフターは?効果や失敗についても!
まつ毛エクステのビフォーアフターと効果や失敗について!どんな感じになるのかサロンを決める前に確認しましょう♪ まつ毛エクステを始めたいなと思った時、まず気になるのが「付けた後どんな感じになるのか」というところですよね。 また、出来れ...

 

 

マツエクの本数を比較する時のポイントは?

マツエクの盛れる本数ってどのくらい?

 

自まつげは本数や太さなどに個人差があり、自分に合った本数を選ぶためにはサロンスタッフとの相談が必要不可欠です。

ですが、初めてまつ毛エクステをする場合は、分からないことだらけですよね。

そこでまつ毛エクステ初心者さんでも参考になるような、まつ毛エクステメニューの本数選びのポイントをご紹介します。

 

eye先生
eye先生

まつ毛エクステは本数だけでなく、
選ぶ太さやカールによっても仕上がりが大きく変わるのでご注意くださいね!

 

マツエクの本数を選ぶときは、どんな目元になりたいかで選ぶ本数が変わってきます。

ナチュラルメイクが好きな方にはまつ毛エクステの本数は80~120本程度、付けまつげ派の場合は120~200本程度が良いでしょう。

以降のコーナーで詳しくお話しますので、併せて確認してみてくださいね。

本数に開きがある理由は、自まつげの本数に個人差があるからです。

 

マツエクの盛れる本数ってどのくらい?

マツエクの盛れる本数ってどのくらい?

 

せっかくまつ毛エクステを付けるなら、「しっかりとまつ毛を強調させたい!」という思いもありますよね?

自まつげの本数や付けるエクステの太さにもよっても違いがありますが、目元が盛れるまつ毛エクステの本数は以下のとおりです。

・0.15の太さ: 両目で140~200本くらい
・2.0の太さ  : 両目で120~180本くらい

太さによっても本数にかなり差があることが分かりますね。

初めは慣れないこともありますから、少し少なめで考えておくと良いですよ。

 

太いエクステは本数が少なくても濃さがあり、しっかりと目元を強調してくれます。しかしその分自まつげにも負担を与えてしまうのです。

太いエクステを付ける際は、まつげ美容液で自まつげの育毛も忘れずに行いましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツエクのばれない本数ってどのくらい?

マツエクのばれない本数ってどのくらい?

 

職業的に派手目なメイクがNGな方や、さりげないお洒落としてまつ毛エクステを楽しみたい時もありますよね?

そういった場合は、細めのエクステで以下の本数を目安にまつ毛エクステを付けましょう。

・0.12の太さ: 両目で60~100本くらい
・0.15の太さ: 両目で60~80本くらい

 

また自まつげより長すぎるエクステは、本数が少なくてもばれてしまいます。

ですから、自まつげと同じ位または自まつげより1mm程度長いものまでにしておくと、自まつげと馴染じみまつ毛エクステがバレにくいですよ。

三月(みつき)
三月(みつき)

バレにくいまつ毛エクステを楽しみたいなら、
自まつげに馴染みやすい長さ、太さ、カールで本数を決めると良いのね!

 

今回のまとめ

 

今回は、マツエクの本数ごとの比較やバレない程度の本数について解説してまいりました。

 

要点まとめ

・まつ毛エクステは本数だけでなく、選ぶ太さやカールによっても印象が変わります。

・盛りたい場合は、両目で120~200本ほど付けるのが目安です(太さによって異なる)。

・バレたくない場合は、両目で60~100本ほど付けるのが目安です(太さによって異なる)。

 

新しい髪型にする時と同じように、まつ毛エクステのスタイルを変えることも最初は不安になるものです。

しかしサロンスタッフとの相談や当記事を確認していただくことで、その時の気分にピッタリのまつ毛エクステが付けられますよ♪

みなさんもぜひ、他の太さや本数にもチャレンジし、素敵なまつエクライフを送ってくださいね^^/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。