マツエクの本数

マツエク 20本や50本は?値段や下まつげだとどんな感じになるの?

マツエクを20本ってオーダーできる?

 

マツエクの基本メニューは80本~というイメージがありますよね。

しかしあまり知られていませんが、それより少ない本数を選択することも、サロンによってはできるんですよ。

 

今回の記事では、マツエクの20本・50本メニューについて、値段の目安や下まつげに施術してもらう際の注意点を解説していきます。

もしマツエクの20本・50本メニューの値段や下まつげに付けた雰囲気について興味がある場合は、ぜひ読み進めてくださいね☆

 

まつげエクステのデメリットは?付ける前にこの〇つを知ろう!
まつげエクステのデメリット!先に知っておくべき4つのこと! まつ毛エクステを付ける前には、カールの種類やサロンについてなどもはもちろん、まつげエクステのデメリットについても知っておく必要が...

 

マツエクを20本ってオーダーできる?

マツエクを20本ってオーダーできる?

 

通常マツエクを20本というオーダーは、メニュー表を見てもあまり見かけることはないですが、1本〇〇〇円という感じでオーダーできるサロンであればできるんですよ。

または下まつげを取り扱っているサロンの、下まつげメニューとしてなら見かけることもありますね。

 

マツエク20本を希望する理由としては、

・数日前に120本で付けてもらったけど、もう少し本数を増やしたい

・1週間~10日などの、こまめなメンテナンスの際に付け足す本数として

・目尻のみに、片目10本ずつマツエクを付ける

・下まつげに付けるマツエクの本数として

などが挙げられます。

しかしサロンによっては、「マツエク20本」というオーダーができないお店もあるので、先に問い合わせて確認をしておくと良いですね

 

マツエクの50本は?付けられるの?どんな時につける?

マツエクの50本は?付けられるの?どんな時につける?

 

マツエク50本も、マツエク20本と同じように、1本〇〇〇円表記のあるサロンだったら付けられる他、付け足しメニューとして扱われていることもあります。

また、サロンでマツエク50本というのは、片目50本ではなく両目で50本という意味になるので注意を。

 

マツエク50本を希望する理由としては、

・元々自まつげがとても少なく、マツエク80本も付けられない

・施術後2~3週間経過したメンテナンスの付け足しとして

などが挙げられます。

 

マツエク20本の値段?下まつげに付けるとどんな感じ?

 

気になる値段ですが、サロンによって金額には大きく開きがあります。

マツエクの素材によっても違いがありますし、サロンの立地や地域によっても変わってくるんです。

目安としては、2,000円~5,000円くらいですが、激安サロンであれば、もう少し安いかもしれません。

マツエク20本はおおよそ2,000円~5,000円と考えておきましょう。

 

下まつげメニューでマツエク20本を付けると、目の縦幅が大きくなりすごく目元がパッチリかわいく(0.1mmだとナチュラルで、0.15mmだとクッキリはっきり)なるのですが、下まつげを取り扱っているサロンは、実はそこまで多くありません。

下まつげは上まつげと比べ接着部分が少なく、細いので中には1週間前後で取れてしまうなど、持ちがあまりよくないということが理由の一つです。

 

さらに言うと、下まつげを取り扱っているサロンでも、全ての人が下まつげを付けられるとは限りません。

下まつげの生え方が上向きだと、上まつげに付けているマツエクと瞬きをするたびに絡みやすくなるため、下まつげのマツエクは付けられる目元を選びます。

下まつげのマツエクに興味のある人は、カウンセリング時に施術者と相談してみてくださいね。

eye先生
eye先生

下まつげのマツエクは目元のタイプで可能かどうか変わってくるので注意!

 

ちなみに0.15mmであれば、片目7~8本程度でもパッチリになれます。

おすすめは、取れた時の違和感を考えて自まつげとあまり変わらない長さを選ぶことです。

濃さが出る分、パッチリとした目元になれますよ。

 

今回のまとめ

 

今回は、マツエクの20本・50本メニューについて、値段の目安や下まつげに施術してもらう際の注意点を解説してまいりました。

 

要点まとめ

・20本や50本のマツエクをしたい場合は、サロンに相談!

・値段はおよそ2,000~5,000円ほど。

・下まつげに着けられるかは、目元によって変わってくる。

 

20本メニューはメンテナンス用として、50本メニューは自まつ毛が少ない場合に利用できることが分かりましたね。

しかしサロンによって扱いが可能かどうかが違うので、まずはスタッフと相談してみるのが一番ですよ。

ぜひこちらを参考に、少ない本数メニューの使い分けも考えてみてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。