未分類

マツエクで持ちがいいって?デザインや毛質での違いについて

 

マツエクで持ちがいいとはどれぐらいの期間のことを言うのでしょうか?

また、デザインによって持ちがいいやマツエクの毛質によって持ちが変わってくるなどはあるのでしょうか?

検証していきたいと思います。

 

マツエクで持ちがいいとはどのくらいのこと?

 

マツエクの持ちが良いとはどれぐらい持つことをいうのでしょうか?

 

まず、マツエクを着けてから長くても2週間はきれいな状態を保つことができるといわれています。まつげは毎日5本ぐらいは生え変わっています。生え変わる周期に合わせてマツエクも一緒に抜けます。3,4週間経つと半分くらいが取れてしまいます。

 

また、マツエクのグルーは2週間後ぐらいから劣化してきます。グルーが劣化するとまつげからエクステのみが取れます。

 

まつげの生え変わる周期や個人差によってマツエクの持ちは変わってきます。

自分のまつげより長すぎたり、太すぎたりすると負担が大きくなり取れやすくなるのでまつげに合わせたマツエクを着けることがオススメです。

 

マツエクで持ちがいいデザインってあるの?

 

マツエクで持ちのいいデザインは、自分のまつげより2,3ミリ長いものまではまつげに対する負担が少ないため持ちが良いといわれています。長すぎると、マツエクが倒れてしまったり、バラバラになりやすくなります。

また、カールの形状によっても持ちが変わってきます。カールがゆるいタイプはマツエクのグルーの接着面積が大きいため持ちが良いといわれています。逆にカールがしっかりしたタイプは接着面積が少ないため取れやすいといわれています。一般的にはカールのゆるいJカールが持ちが良く、カールがしっかりしているCCカールは取れやすいといわれています。

 

それ以外にも、目じりの部分は摩擦の影響が大きかったり、自分のまつげに癖があったりすることがあるので取れやすいといわれています。

その場合、目じりの長い仕上がりスタイルはそのような場合は取れやすいといわれています。

 

マツエクは毛質で持ちに違いがあるの?

 

マツエクの毛質はメーカーなどによって多少異なりますが、大きく分けるとシルク・ミンク・セーブルの3種類があります。

 

シルクは硬いタイプのマツエクです。硬いためにボリュームは出しやすいですが、チクチクしやすいです。

 

ミンクは上品な着け心地でやわらかいためまつげになじみやすいです。セーブルまで毛質にこだわらす、お得にマツエクしたい人にピッタリです。

 

セーブルは柔らかく、つけ心地も自分のまつげのようにナチュラルです。柔軟性があるためマツエクの持ちはダントツで良いです。

 

持ちを気にする人にはセーブルがおススメです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。